HOME > 医療法人設立の要件

医療法人設立の要件(千葉県)

千葉県での医療法人設立認可基準は次の通りとなっています。

原則として、個人で診療所・病院を開設して1年以上の安定的な経営を有していることが必要です。

  1. 資産要件
    ①開設する診療所・病院・介護老人保健施設に必要な施設、設備又は資金(年間支出予算の2か月分相当の運転資金)を有すること。
    ②施設又は設備は法人所有が望ましいですが、賃貸物件でも契約が長期間にわたるもので、かつ、確実なものであると認められる場合は可能。

  2. 社員
    ①社団としての医療法人を設立する場合、社員3名以上。役員も社員になれます。

  3. 役員
    ①理事3名以上、監事1名以上が必要。
    ②理事のうち1名は理事長とし、医師(歯科医師)のうちから選出すること。
    ③ 理事のうち1名以上は、理事長と親族関係にない第三者理事を選出すること。

  4. 役員の欠格事項
    次のいずれかに該当する者は、医療法人の役員になれません。
    ①成年被後見人又は被保佐人
    ②医療法、医師法、歯科医師法その他医事に関する法令の規定により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過していない者
    ③禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者

  5. 役員及び社員として適当ではない者
    次のいずれかに該当する者は、役員・社員として適当ではありません。
    ①未成年
    ②設立しようとしている医療法人と取引関係にある営利法人の役職員
    ③監事について
     ア.法人化しようとする診療所等の会計処理に携わる者(顧問税理士等)
     イ.理事と親族関係にある者
     ウ.拠出している社員
     エ.その他、監事としての職務遂行上支障があると思われる者

ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)