HOME > 経営業務の管理責任者 > 経営業務の管理責任者

経営業務の管理責任者

  1. 『経営業務の管理責任者』が常勤でいること
  2. 『専任技術者』を営業所ごとに常勤でいること
  3. 請負契約に関して誠実性を有していること
  4. 請負契約を履行するに足りる財産的基礎又は金銭的信用を有すること
  5. 欠格要件等に該当しないこと


①『経営業務の管理責任者』がいること

法人の場合は常勤の取締役(監査役を除く)のうち1名、個人事業主の場合は本人が、次の(1)~(3)のような一定の経営経験を有していることが必要になります。

  1. 取締役、個人事業主の経験
      (ア)取得する業種での経験の場合は5年以上
      (イ)取得する業種以外での経験の場合は7年以上
  2. 執行役員の経験、個人事業主の跡取り
      (ア)取得する業種での経験で
          ・執行役員の場合は5年以上
          ・個人事業主の跡取りの場合は7年以上  
  3. 大臣が特別に認定した経験(海外企業での経験など)