HOME > 一般建設業許可と特定建設業許可 > 一般建設業許可と特定建設業許可

一般建設業許可と特定建設業許可

一般建設業許可特定建設業許可の違いは、建設工事の「請負金額」や「元請・下請の違い」により区分されます。

  • 特定建設業
    発注者から元請として直接受注した1件の工事につき、下請業者に合計3,000万円以上(建築一式工事は4,500万円以上)で発注して施工する場合。
     ⇒ 元請が下請に3,000万円以上の工事を発注して施工する場合


  • 一般建設業
    特定建設業許可を要しない工事のみを施工する場合


    ●工事を元請で受注する場合
      <建築一式の場合>
       下請に発注する合計金額4,500万円未満 ⇒ 一般建設業
       下請に発注する合計金額4,500万円以上 ⇒ 特定建設業
      <建築一式以外の場合>
       下請に発注する合計金額3,000万円未満 ⇒ 一般建設業
       下請に発注する合計金額3,000万円以上 ⇒ 特定建設業

    ●工事の全てが下請の場合 ⇒ 一般建設業
     (例)1次下請けで請負金額2億円の工事を受注後、2次下請に1億円で発注
           ⇒ 一般建設業