HOME > 建設業許可が必要な場合

建設業許可が必要な場合

新規建設業許可を取らなければならないのは、次の3つの場合です。

 

①500万円以上の工事を請け負う場合

  • 新規に設立された建設業を営む会社A社
  • 建設業許可を持っていないB社

②【許可換え新規】許可を持っているが、他の行政庁から新たに許可を受ける場合

  •  知事を大臣に換える場合     C業知事→C業大臣 
  • 大臣を知事に換える場合      D業大臣→D業知事 
  • X県知事をY県知事に換える場合  E業X県知事→E業Y県知事

③【般・特新規】許可を持っているが、新たに違う業種の許可を受ける場合

  • F業【一般】取得済み + 新たにG業【特定】取得
  • H業【特定】取得済み + 新たにI業【一般】取得

  ※下記の場合は、『業種追加』になるので注意!
          F業【一般】取得済み + 新たにG業【一般】取得
           H業【特定】取得済み + 新たにI業【特定】取得

ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)