HOME > 建設業許可を取るメリット

建設業許可取得のメリットとデメリット

建設業許可取得にはもちろん大きな大きなメリットがあります。売上アップ・経営安定につながることは間違いありません。しかし、デメリットがあることも忘れてはなりません。

 

メリット

①500万円以上の建設工事を請け負うことができ、売上アップにつながる。
②受注機会や取引先が増える。
③金融機関の信用を得られ、融資を受けやすくなる。
④公共工事への道も開かれる。

 

デメリット

①決算報告・更新・変更届などの手続きが必要になる。
②法人・個人の情報が公開される。
③法の規制を受け、守らなければ罰される。



最近では、ゼネコンの現場に入るには建設業許可が必須となっていることも多いので、取得していないと500万円未満の『軽微な建設工事』ですらもらえなくなってきているのが現状です。

このように考えると、やはり取得したほうが会社にとって大きな武器になることは間違いないと言えます。



行政書士さくら事務所では

千葉県・東京都を中心に建設業許可申請のお手伝いをさせていただいております。

売上アップ・取引増加・経営安定を目指す千葉・東京の建設業者様、初回は無料相談にて丁寧に対応させておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください!

ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)