HOME > 建設業許可取得の要件 > 誠実性 > 要件  誠実性

誠実性

  1. 『経営業務の管理責任者』が常勤でいること
  2. 『専任技術者』を営業所ごとに常勤でいること
  3. 請負契約に関して誠実性を有していること
  4. 請負契約を履行するに足りる財産的基礎又は金銭的信用を有すること
  5. 欠格要件等に該当しないこと


③請負契約の関して誠実性を有していること

次に掲げる許可申請者等が、請負契約に関して不正又は不誠実な行為をするおそれがないことが必要です。
  法人の場合・・・その法人、役員、支店または営業所の代表者
  個人の場合・・・その者または支配人


不正な行為とは

請負契約の締結または履行の際の詐欺・脅迫など法律に違反する行為のことです。




不誠実な行為とは

工事内容・工期等請負契約に違反する行為のことです。