HOME > 経営事項審査

経営事項審査

経営事項審査申請サポート 99,000円



経営事項審査とは、国・千葉県や東京都など都道府県・船橋市や千葉市など市町村などが発注する公共工事の入札に参加するために、必ず受けなければならない審査のことです。 つまり、公共工事を受注したい業者様は必須になるわけです。

会社の規模や財務内容など経営に関する項目を評価し点数化する審査です。

また、経営事項審査結果の有効期間は、「結果通知書を受領した日」から、「前期決算日から1年7ヶ月経過した日」までとなっています。

そして、毎年公共工事に入札したい業者様は、有効期間に空白が生じないように経営事項審査を受けなければなりません。

結果通知書を受領した事業年度の決算日から考えると、経営事項審査結果の有効期間は残り7ヶ月となります。
そのため、毎年、決算日から3ヶ月以内くらいを目安に経営事項審査を受ける流れとなります。

(例)決算日3月 ⇒ 事業年度終了届の提出6月 ⇒ 経営事項審査の申請7月


経営状況分析についてはこちら

 

経営事項審査の審査項目

経営事項審査の審査項目は、下記の5項目となっており、これらを既定の数式にあてはめ総合評定値(P)が算定されることになります。

  • X1   工事種類別年間平均完成工事高の評点
  • X2   自己資本の額及び利益額にかかる評点
  • Y    経営状況の評点
  • Z    業種別技術職員数及び元請完成工事の評点
  • W    その他の審査項目(社会性等)の評点

上記の5項目は、【経営規模等評価:(X)(Z)(W)】と【経営状況分析:(Y)】に分かれています。

経営規模等評価とは、平均完成工事高や技術職員の数などをもとに経営規模を点数化するもので、申請は、大臣許可は国土交通大臣、知事許可は都道府県知事にします。

経営状況分析とは、財務諸表などをもとに経営状況を点数化するもので、国土交通省に登録されている民間の「登録経営状況分析機関」に『経営状況分析申請』を行います。


行政書士さくら事務所では

千葉県・東京都を中心に建設業の経営事項審査・入札参加資格審査などのお手伝いをさせていただいております。
千葉・東京の建設業者様、初回は無料相談にて丁寧に対応させておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください!

ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)