HOME > 古物とは

古物とは

古物営業法では、次の通りに定義されています。(第2条第1項)

  1. 一度使用された物品(その物本来の目的に従って使用できるもの)
  2. 新品でも使用のために取り引きされた物品(新古品)
  3. これらのものに幾分の手入れをした物品(本来の用途目的に変更を加えないもの)


つまり、新品でも古物に当たるものもあるということになります。

さらに具体的に、『古物』は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。

  1. 美術品類     書画、彫刻、工芸品、登録日本刀など
  2. 衣類       洋服、和服、着物、その他衣料品、布団、帽子など
  3. 時計・宝飾    時計、眼鏡、宝石、貴金属類、装飾具類など
  4. 自動車      自動車、その部品(タイヤ・カーナビ等)など
  5. 自動二輪車及び原動機付自転車  自動二輪車及び原動機付自転車、その部品など
  6. 自転車類     自転車、その部品(タイヤ・ミラー等)など
  7. 写真機類     カメラ、光学式機器、顕微鏡、レンズなど
  8. 事務機器類    レジスター、コピー機、FAX、ワープロなど
  9. 機械工具類    工作機械、土木機械、工具類、医療機器類など
  10. 道具類      家具、什器、楽器、運動用具類、磁気記録媒体など
  11. 皮革・ゴム製品類 鞄、靴、タイヤ、バッグ、毛皮類など
  12. 書籍       古本など
  13. 金券類      乗車券、航空券、商品券、切手、収入印紙など


  14. 例えば、庭石、石灯籠、空き箱、空き缶類、金属原材料、被覆いのない古銅線類などは古物に該当しないことになります。

行政書士さくら事務所では

千葉県の船橋市・市川市・習志野市を中心に古物商許可申請から変更・書換申請等にいたるまで総合的にお手伝いをさせていただいています。
売上アップ・経営安定を目指す千葉県の古物商取引業者様、無料診断や初回の無料相談を実施していますので、まずはお気軽にお問い合わせください!

ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)