HOME > 産業廃棄物とは > 産業廃棄物

産業廃棄物とは

産業廃棄物とは、会社や工場などの事業活動に伴って発生した廃棄物のことです。

廃棄物というものは法律上『一般廃棄物』と『産業廃棄物』の二つに分類されます。

そして、事業者は『一般廃棄物』と『産業廃棄物』の区分にかかわらず、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならないことになっています。

  • 産業廃棄物
    会社や工場などの事業活動に伴って発生した廃棄物で、法律で定められた20種類のもの。

    20種類の産業廃棄物はコチラへ

    また、産業廃棄物の中で、爆発性、毒性、感染性その他人の健康または生活環境に被害を生ずるおそれのあるものを『特別管理産業廃棄物』として定めています。

    ※ここでいう「事業活動」とは、製造業や建設業等に限定されるものではなく、オフィス、商店等の行う商業活動や地方自治体、学校等の公共活動も含めた広義の概念として捉えられています。

  • 一般廃棄物
    産業廃棄物以外のゴミで、一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物(生ゴミ、不燃焼ゴミ、粗大ゴミ等)、事業所から排出される紙くず等のことです。



行政書士さくら事務所では

千葉・東京の産業廃棄物収集運搬業許可申請・更新・変更など総合的にお手伝いをさせていただいています。

売上アップ・経営安定を目指す千葉・東京の業者様、初回は無料相談にて丁寧に対応させておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください!