HOME > 取得のための要件 > 産業廃棄物収集運搬業許可要件

産業廃棄物収集運搬業許可取得のための要件

産業廃棄物収集運搬業許可を取るためには次の4つの要件を満たしていることが必要です。

  1. 申請者の能力に係る基準を満たしていること
  2. 施設に係る基準を満たしていること
  3. 経理的基礎を有すること
  4. 欠格要件等に該当しないこと


①申請者の能力に係る基準を満たしていること

法人の場合は代表者や常勤の取締役、個人の場合は申請者本人が、財団法人日本産業廃棄物処理センター主催の『産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会』を修了することが必要となります。

②施設に係る基準を満たしていること

収集運搬業については、飛散・流出および悪臭の発散するおそれのない設備を有することに加え、積替施設を有する場合には、飛散・流出および地下に浸透し、ならびに悪臭が発散しないように必要な措置を講じた施設であることが求められます。

③経理的基礎を有すること

事業を継続的に行うことができる経理的基礎を有していることが必要です。
具体的には、自己資本比率及び、直前3年間の当期純利益(経常利益)の金額、税金の送付状況等が総合的に判断されます。

④欠格要件等に該当しないこと

法人にあっては役員、個人にあっては本人・支配人が下記に該当する場合は取得することができません。

・成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ない者
・禁錮・罰金などの刑を受け、5年を経過していない者
・廃棄物処理法等の法律に違反し、罰金以上の刑の処罰を受け5年を経過しない者
・暴力団の構成員である者
・その他

行政書士さくら事務所では

船橋・市川を中心に千葉県の産業廃棄物収集運搬業許可申請のサポートをさせていただいています。

千葉県で売上アップ・経営安定を目指す業者様、初回は無料相談にて丁寧に対応させておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください!