HOME > 相続財産の調査 > 相続財産調査②

相続財産の調査

  1. 相続人の調査(戸籍収集→関係図作成)
  2. 相続財産の調査(財産目録作成)
  3. 相続方法の決定
  4. 遺産分割協議書の作成
  5. 財産の名義変更



相続財産調査とは、被相続人(亡くなった方)が所有していた不動産・預貯金・株・ゴルフ会員権などの財産を調べ財産目録にまとめることです。

財産には上記のようなプラスのものに加えて、債務・借金のようなマイナスのものも含まれます。

マイナスが多い場合には、相続放棄限定承認などの選択も視野に入れなければなりません。

預貯金については金融機関などの残高証明書の取得、土地・建物など不動産については登記簿謄本や固定資産評価証明などの取得といったようにそれぞれの財産に応じた調査方法により確定させていくことになります。

金融機関で残高証明書などを発行してもらう場合にも、「①相続人調査」で取得した戸籍を見せることで相続人であることを証明しなければなりません。

財産が確定したら、次に財産目録を作成します。

遺言書などに財産目録が記載されていればスムーズにいくのですが、そのようなことの方が少ないですから、しっかりと調査し間違いのない目録を作成しなければなりません。

調査に漏れがあり後から財産が発覚し、遺産分割協議をやり直したり、相続税の申告・納付が遅れてしまったりなどということが起きないように、専門家にご依頼いただくことをお勧めいたします。

行政書士さくら事務所では

船橋市を中心とした千葉県の相続手続き・遺言書作成のお手伝いをさせていただいております。

船橋市民の皆様、無料相談を実施しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。