HOME > 相続方法の決定 > 相続方法③

相続方法の決定について

  1. 相続人の調査(戸籍収集→関係図作成)
  2. 相続財産の調査(財産目録作成)
  3. 相続方法の決定
  4. 遺産分割協議書の作成
  5. 財産の名義変更



相続財産を調査し確定させたら、次にそれらを相続するか放棄するかなど相続方法を決めることになります。

相続の方法には、次の3つがあります。

  1. 単純承認
    プラスもマイナスもすべての財産を相続する。


  2. 相続放棄
    相続できるはずのすべての財産を放棄する。


  3. 限定承認
    相続によって得た財産の範囲内で債務も相続する。



相続放棄・限定承認を選択する場合には、相続開始(被相続人の死亡)から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てを行う必要があります。

また、3ヶ月を経過したり、財産の一部または全部を処分したりすると、自動的に単純承認をした事になってしますので注意をしなければなりません。

どちらにしても、相続財産がわからなければ相続の方法を決定することができないので、財産調査をスムーズに完了させることが大前提となってきます。

行政書士さくら事務所では

船橋市を中心とした千葉県の相続手続き・遺言書作成のお手伝いをさせていただいております。

船橋市民の皆様、無料相談を実施しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。