HOME > 相続財産の名義変更

相続財産の名義変更

  1. 相続人の調査(戸籍収集→関係図作成)
  2. 相続財産の調査(財産目録作成)
  3. 相続方法の決定
  4. 遺産分割協議書の作成
  5. 財産の名義変更



遺産分割協議書の作成が終了したら、最後に相続財産の名義変更を行うことになります。
主な財産の名義変更は次の通りとなります。

不動産の名義変更

土地・建物などの不動産は、法務局において所有権移転の登記を行うことで名義を変更します。

不動産の名義を変更をせず放置しておくと、後々時効取得などでトラブルになったり、後の代の相続においてさかのぼって戸籍を取得しなければならなくなったりしするので、きちんと名義変更を行いましょう。

預貯金の名義変更

預貯金は、まず、被相続人が死亡した時点で死亡届を出すことで口座を凍結させます。

但し、生活費等が引き落とされる口座についてはその辺も加味した上で届出をするようにしてください。

届出をせず放置しておくと、別の相続人が勝手に預貯金を引き落としたなどのトラブルの原因にもなりかねませんので、頃合を見てきちんと届出をしましょう。

名義変更するには、相続人全員の実印が押印されている遺産分割協議書や戸籍謄本を添付して各金融機関に払い戻しの請求をします。

金融機関にもよりますが、手続きが完了するまでに1ヶ月ほど時間がかかります。

株式等の名義変更

被相続人が取引口座を持っていた証券会社での名義変更が必要となります。

戸籍謄本などを添付し、手続き書類を出します。

書類は各証券会社によって異なりますのでご確認の上、記入してください。

もし非上場の場合は各会社によって手続き自体が異なりますので、その会社に直接問い合わせをして確認をしてください。


行政書士さくら事務所では

船橋市を中心とした千葉県の相続手続き・遺言書作成のお手伝いをさせていただいております。

船橋市民の皆様、無料相談を実施しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)