HOME > 遺言書とは

遺言書を作る

遺言書とは、「ゆいごん」や「いごん」と呼ばれ、自ら築いた財産の行方について誰にどのように分けるかを書き記しておくものです。

しかし、遺言は自分の死後に効力が生じるものであるため、法律に基づいた厳格な方式に従わなければならず、従っていない場合は無効になってしまうこともあります。

法律で定められた形式・書式に従って作成しなければ、無効になっしまうことは以外に知られていないことかもしれません。

もちろん、必ず書かなければならないというものではありません。
義務ではないので、法定相続分どおり、もしくは相続人間の遺産分割協議に任せるといった場合は必要ないと思われているかと思います。

それでは、なぜ世間ではよく相続トラブルが発生し身内同士での骨肉の争いが起きてしまうのでしょうか?

財産を残すご本人はもちろん想像しないでしょうし、残された相続人たちさえも「まさかうちがこんなことになるとは・・・」と思うのが相続トラブルです。

場合にもよりますが、やはり一生の中でこれだけの大金を動く(手にする)機会は、そうあるものではありません。
お金が絡んでくると、あるいは相続人以外(夫や妻など)の意見が絡んでくると、気づいたときには揉めてしまっていたというのが相続トラブルです。

そして、これらはけっして資産家だけの問題ではありません。

こうした相続トラブルによる裁判の多くが財産2,000万~3,000万円くらいのいわゆる一般家庭なのです。

仮に預貯金など無かったとしても、土地や建物など分割しにくいものがある場合は、揉めてしまうこともあります。

このような遺産相続争いを未然に防ぐためにも、しっかりと記しておくことが大事ですし、財産の持ち主としての義務ではないかと思います。

書く際には、法律に基づいた形式で作成しなければ無効になるということもありますし、どのような財産があり、それを誰にどのように分けるのかをしっかりと伝わるように記さなければ意味を成しません。

そのためには、しっかりと専門家のサポートを受け、公正証書遺言を作成するというのが最も良い手段であると思いますし、最近はそうされている方が増えてきているのが現状でもあります。



行政書士さくら事務所では

船橋市を中心に千葉県民の皆様の遺言書作成のお手伝いをさせていただいております。

初回は無料相談にて対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)