HOME > 遺言書の種類

遺言書の種類

遺言書には公正証書遺言・自筆証書遺言・秘密証書遺言の3種類があります。
それぞれの特徴は次のようになります。



遺言書の特徴

 

公正証書遺言 自筆証書遺言 秘密証書遺言
条件 ・ 遺言者が公証人に内容を伝え、公正証書を作成する。
・証人2名が立ち会う。
・遺言者本人が全文・日付・氏名を自筆で書き、捺印する。
(ワープロ・代筆は不可)
・遺言者本人が作成・押印・封印し、公証人に本人が作成したものであることを確認してもらう。
・証人2名が立ち会う。
検認 不要 必要 必要
メリット ・公証人を介しているので方式違反等による無効がない。
・検認が不要なため、遺族の手間・費用がかからない。
・原本は公証役場に保管されるので紛失の心配がない。
・手軽に無料で作れる。
・遺言書の内容・存在を秘密にできる。
・遺言書の内容を秘密にできる。
デメリット ・公証人手数料がかかる。
・証人2名が必要になる。
・公証人・証人には内容を知られてしまう。
・紛失・発見されない・されても破棄される等の恐れがある。
・方式違反で無効になることがある。
・検認が必要なため、遺族に手間・費用がかかる。
・全文、自筆で書かなければならず大変。
・公証人手数料がかかる。
・証人2名が必要になる。
・公証人・証人に存在自体は知られてしまう。
・検認が必要なため、遺族に手間・費用がかかる。
・公証役場では保管してくれないので紛失の心配がある。

このように見ても、やはり確実に遺言書を残すには公正証書遺言がおすすめということになります。

ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)