HOME > 公正証書遺言の作り方

公正証書遺言の作り方

公正証書遺言は、証人2名の立会いのもと、 遺言者が公証人に内容を伝え公正証書として完成させるものです。

 

公正証書遺言作成の流れ

  1. 遺言者が、公証人と証人に遺言の内容を話し、公証人がこれを筆記する。
  2. 公証人は、筆記した内容を、遺言者と証人に読み聞かせ、誤りがないかを確認する。
  3. 遺言者・公証人・証人2名が署名捺印して完成です。
  4. 正本を遺言者が、原本を公証人が、それぞれ保管します。



公証役場で証人になれない人

  • 未成年者
  • 遺言者が現時点で死亡したら相続人になる人(推定相続人)
  • 遺言書に「○○に相続させる」と書かれる人(受遺者)とその配偶者(夫または妻)
  • 受遺者の直系血族(親や子)
  • 公証人の配偶者
  • 公証人の四親等以内の親族
  • 公証役場の従業員



行政書士さくら事務所では、船橋市を中心に千葉県の皆様の遺言書作成のお手伝いをさせていただいております。
初回は無料相談にて対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)