HOME > 遺言の必要な方 > 遺言必要

遺言書作成が必要な方

基本的には、現状ではまったく想像をすることができない身内同士の骨肉の争いを防ぐため、また、財産の持ち主としての義務として、皆様が遺言書を作成されることが望ましいと思います。

  

しかし、その中でもしっかりと作成しておかなければ、残された遺族間の話し合いがこじれる可能性が高い方がいらっしゃいます。次にあげる方々はトラブル防止のため、必ず遺言書を残すようにしましょう。


  • お子様がおらず、配偶者にすべての財産を残したい方
    相続人となる兄弟姉妹と配偶者との間で争いが・・・
  • 土地・建物を多く持っている方
      不動産は分割しにくいので話がこじれることも・・・
  • 資産が多く相続税が発生する方
      税金対策も考えた遺言を残してあげましょう。
  • 再婚している方
      前妻との間に子供がいる場合、異母・異父兄弟でもめることも・・・
  • 面倒を見てくれた亡き長男の嫁にも残したい方
      法定相続人ではないのでしっかりと遺言を残しましょう。
  • 内縁の妻にも財産を残したい方
      法定相続人ではないのできちんと遺言を残す必要があります。
  • 孫にも財産の一部を残したい方
      法定相続人ではないのでしっかりと遺言を残しましょう。
  • 相続人がなく、お世話になった人に遺贈したい方
      遺言がなければ国のものになってしまいます。

行政書士さくら事務所では

船橋市を中心に千葉県民の皆様の遺言書作成のお手伝いをさせていただいております。
初回は無料相談にて対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。