HOME > 帰化申請 > 帰化申請

帰化申請

帰化とは

帰化とは、外国籍を持っている方が、日本国籍を取得することです。

実際に帰化申請されるのは、日本人と結婚した外国人、日本で長年働いており今後も働き続ける外国人、在日韓国・朝鮮人の方などが多くなっています。

 

帰化の条件

①継続して日本に5年以上住んでいること

②20歳以上であり、本国法で成人の年齢に達していること

③素行が善良であること

犯罪歴がないか、税金・社会保険料を期限内に納付しているか、など

④自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること

自己または同居する家族の資産や技能によって安定した生活が送れるか

⑤国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍の取得によってその国籍を失うべきこと

日本国籍を取得にする際、元の国籍(本国籍)を失うことができるか

⑥日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入していないこと

 

帰化の条件が緩和される場合

①日本国民であった者の子(養子を除く。)で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有するもの

⇒条件①が免除

②日本で生まれた者で引き続き3年以上日本に住所若しくは居所を有し、又はその父若しくは母(養父母を除く。)が日本で生まれたもの

⇒条件①が免除

③引き続き10年以上日本に居所を有する者

⇒条件①が免除

④日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に所を有するもの

⇒条件①②が免除

⑤日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するもの

⇒条件①②が免除

⑥日本国民の子(養子を除く)で日本に住所を有するもの

⇒条件①②④が免除

⑦日本国民の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時本国法により未成年であったもの

⇒条件①②④が免除

⑧日本の国籍を失った者(日本に帰化した後日本の国籍を失った者を除く。)で日本に住所を有するもの

⇒条件①②④が免除

⑨日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその時から引き続き3年以上日本に住所を有する者

⇒条件①②④が免除