HOME > 永住ビザ

永住ビザ

永住ビザとは

永住とは、他の在留資格をもつ外国人が、国籍を変えることなく、無制限に日本国に在留することができる資格です。

永住者は、日本での活動に制限がなくなり、在留期間の更新をする必要もなくなります。

永住ビザは、原則として、他の在留資格で日本に10年以上在留した後に申請できる資格になります。

 

永住ビザを取るための条件

①素行が良好であること

犯罪歴がないか、税金・社会保険料を期限内に納付しているか、など

②独立生計を営むに足りる資産または技能を有すること

安定した収入があるか、資産や技能があるか、など

③原則として、日本に10年以上在留していること

④現在持っている在留資格が最長の在留期間であること(3年、5年)

 

日本に10年在留していなくても良い場合(条件③の免除)

①「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「特別永住者の配偶者」

結婚して3年以上経っており、継続して日本に1年以上在留していること

②「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「特別永住者の配偶者」の子

継続して日本に1年以上在留していること

③「定住者」

定住者ビザ取得後、継続して日本に5年以上在留していること

④「難民認定」を受けている方

難民認定後、継続して日本に5年以上在留していること

⑤日本への貢献があると認められた方

ノーベル賞や国民栄誉賞の受賞者などの外国人で、継続して日本に5年以上在留していること


ご予約・ご依頼・お問い合わせ

無料相談・無料診断実施中!(ご予約制)

許可申請についてご不明な点がある方、許可が取得できるかご心配な方、まずはお気軽にご相談ください!

行政書士さくら事務所

TEL:047-494-5432(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ(24時間365日)